So-net無料ブログ作成

国師ヶ岳2500m級大雲海-夕- [山梨県]

前回記事の続きです。

早朝の富士山撮影を終えてから下山し、朝食を食べてから車内で寝る事にしました[眠い(睡眠)]

そしてAM11:00におなかが空いてきたので、昼食タイム(^ム^)

15:00に小腹が空いてきたので、チョコスナック菓子をポリポリ(^ム^)と、食っちゃ寝~の不健康なリズム^_^;

夕方には、私の弟家族が到着です。

何故かというと、明日は弟家族と金峰山を登る予定でいます[手(グー)]

前日の天気予報では、翌日の6月18日は曇りになっていました。

確かに下山後からは、雲が多くなり、霧が流れていました。

もう一度スマホで天気予報をチェックしてみると、なんと[exclamation×2]翌日は晴れに変わっていました[手(チョキ)]

ラッキ-[ぴかぴか(新しい)]

という事で、ダラダラと過ごした身体をホグす為、夕方からダッシュで国師ヶ岳に登ってきました(^O^)/

標高2300m地点は霧の中で曇っていましたが、山頂では雲の上に出ることができました[手(チョキ)]

大雲海に浮かぶ富士山を確認し、急いで三脚のセットと思ったら、富士山頂に陽が当たり紅富士になっているではありませんか[どんっ(衝撃)]
1F5A5640.JPG

三脚を立てていたら間に合いませんので、急いで今付いているレンズで手持ち撮影をしました。

『富士山は見えている内に何でもいいから写せ[exclamation]』を実行です。

紅富士だった時間は、2分有ったか無いか位でした。



手前の山まで迫る大雲海ですが、雲海が高すぎて難しい展開です。
1F5A5642.JPG

上手い人なら、もっと迫力のある画になるのかな~


富士山周辺の夕焼けはこんなモノでしたが、西の空はドラマチック過ぎて感激モノでした[ぴかぴか(新しい)]
1F5A5647.JPG


これは、富士山撮影が落ち着いてから写したものですが、もっともっと綺麗だったんですよ[exclamation]
1F5A5649.JPG

器用な方なら、富士山を捨ててドラマチックな展開を追えるのでしょうが、私にはその判断力と行動力がありません(-_-メ)


早朝に良い画を手に入れてしまったので、これ以上深く富士山撮影をする意欲が湧きません(贅沢病)
1F5A5650.JPG


早々と下山し、駐車場で鍋パ-ティ-をしました[るんるん]
1F5A5660.JPG


気温が一桁になる地での暖かい鍋は、最高でした!
1F5A5665.JPG

明日は、のんびりと起きて、ゆっくり目の出発なので、気が楽です[るんるん]

では、おやすみなさ~い[眠い(睡眠)]

次回記事は、金峰山登山になります。

おしまい[手(パー)]
トラックバック(0) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。