So-net無料ブログ作成
検索選択

夏の風物詩 [山梨県]

7月14日 夜中に愛犬チップとラッちゃんを連れて、蒸し暑い東京を離れました[車(セダン)][犬][猫][ダッシュ(走り出すさま)][手(パー)][夜]

辿り着いた場所は、近場の避暑地‘‘富士山”です。

現地の気温は13℃と快適・・・ではなくて、ちょっと寒いくらい(^^ゞ

私は、ダウンジャケット+モンベルベストを着こみました。

ワンコたちは適温だったらしく、リアハッチを開放したままの車内で[犬][猫][眠い(睡眠)]外で撮影をしている私に寝息が聞こえるくらいの熟睡具合でしたよ[わーい(嬉しい顔)]

誰もいない山中は、車外に寝息が伝わってくる程の静けさなんです。

そんなワンコたちが奏でる癒しのメロディ-[るんるん](寝息)を聞きながら、私はチェアーに腰を据え撮影を楽しむ[るんるん]

目の前には星空が広がり、暗闇の富士山に浮かびあがる山小屋の灯りと登山者の照らすヘッドライトが見える。
1F5A5989.JPG

この頃の富士山真上には、天の川が掛かっていた[ぴかぴか(新しい)]


富士山の夏夜の風物詩でもある登山者の照らすヘッドライト[ひらめき]で、‘‘人”文字が浮かび上がっていた。
1F5A6019.JPG

8月の混雑時には、下り側(‘‘人”文字の左下部)も光で溢れるらしく、その賑わいぶりから‘‘富士山銀座”と呼ばれています。

この写真で見る夜の富士山は、山肌の質感がどこかの惑星にも見えてしまい、私には宇宙空間に見えます(゜o゜)

おしまい[手(パー)]


トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トラックバック 0