So-net無料ブログ作成

国師ヶ岳から見た富士山絶景-早朝- [山梨県]

6月16日の夜に自宅を出発し、山梨県と長野県の県境にある大弛峠[駐車場]にて1時間半の仮眠[眠い(睡眠)]を摂ってから、登山をスタ-トしました[演劇]

国師ヶ岳には、AM2時後半に到着しましたが、山頂には誰もいませんでした(゜o゜)驚いた!

6月3日に訪れた時には、この時間帯よりも早かったにも拘らず、すでに7~8本の三脚が並んでいたので、拍子抜けでした(^^ゞ

ふと富士山の方へと眼をやると、目の前には大雲海に浮かぶ富士の姿が(゜o゜)頑張って訪れた甲斐があった[ぴかぴか(新しい)]
1F5A5440.JPG


標高2592mからの大パノラマは、とても素晴らしいものがあります[ぴかぴか(新しい)]

一面に広がる雲海のスケ-ルが違います。
DPP_10368.JPG


夜明けの頃、陽が昇る東の空では、光の波長が色となって表れていました[ぴかぴか(新しい)]
1F5A5479.JPG


紅富士、ビ-ナスベルトと、文句のつけようのない色合いでした[ぴかぴか(新しい)]
1F5A5544.JPG

しかも大雲海に浮かぶ富士ときたもんだ[exclamation×2]


手前の山にも陽が入り込んできました[ぴかぴか(新しい)]
1F5A5558.JPG


雲海にも陽が入り込んできました[ぴかぴか(新しい)]
1F5A5571.JPG
手前の山側の雲海には、綺麗なカ-ブを描いた雲海ロ-ドが現れた[ぴかぴか(新しい)]
まるで、山頂で酔いしれる富士山カメラマン達を魅惑の富士山道へと導いている様だ[ぴかぴか(新しい)]


朝日に染まった大雲海に呑まそうな奥の島は、大菩薩連山の一部であろう。
1F5A5577.JPG
手前の滝雲になっている中には、乾徳山が隠れています。

これは、標高2000mを超える山々が呑まれてしまう程の雲海という事なのです。


陽が昇り切った後の富士山だって綺麗なんです[exclamation]
1F5A5609.JPG


先程より、雲海レベルが下がり、大菩薩連山が見えてきました[目]
1F5A5621.JPG

同じく、滝雲の中に呑まれていた乾徳山の山頂も見えます[目]
1F5A5622.JPG
修行の山という事もあって、山頂の岩場は険しそうですね(゜o゜)あそこからの富士山もいつかは観てみたと思っています。


標高2592mから観た大雲海に浮かぶ富士は、大迫力モノでした[ぴかぴか(新しい)]
1F5A5617.JPG

『富士山、ありがとう[ぴかぴか(新しい)]』と、感謝の念を胸に下山しました。


1F5A5630.JPG

次回記事は、早朝を上回る大雲海(2500m級)が観れた国師ヶ岳の夕をお伝えします。

おしまい[手(パー)]
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0